土木事業

ホーム > 業務案内 > 土木事業

ここから本文です。

土木事業のご案内

森下組の原点は「土木事業」にあり

大正5年(1916)、近代産業が確立されていった時代に森下組は創業しました。最初の仕事は吉野鉄道の延長工事、土木請負業からスタートしたのです。以来100年近くもの間、土木事業は今日まで、森下組の中核事業の一つであり続けました。その伝統を受け継ぐ土木部は、全ての工事に「森下組の土木」の矜持を持って臨んでいます。

人々のライフラインを担う、責任感のもとに施工管理

道路、トンネル、上下水道……。土木工事が扱うのは、普段その存在を強く意識することの少ないものです。しかし、有事の際にそれらが崩壊したならば、人々の暮らしに与える影響は計り知れません。人々の生活を守る責任感、使命感を強く持ち、慎重・着実な施工と現場管理を行います。

総合的な技術力、人間力を身に付けたプロ集団

企業間競争の激しい土木工事業界において、抜きん出た存在となるためには、会社組織としての競争力の底上げが必須です。森下組の土木部は、社員一人一人が、現場の施工管理のみならず、仕事の受注も自分たちで行えるだけの知識と技術、信頼を身につけるべく、高い意識を持って、「土木の森下組」ブランドのプロ集団として、さらなる高みを目指しています。

事業内容

  • 一般土木工事
    (造成、道路、トンネル、上下水道その他)
  • 特殊工法工事

メッセージ

社会と地域の創造と貢献をめざして

常務 取締役 土木部 部長 谷車 斎

土木現場作業は壮大で力強い自然を相手にする業務であり、周辺の環境や、季節、土質などの影響を大きく受けるため、臨機応変な対応が必要となってきます。そのような中で、日々出来上がっていく構造物を目の当たりにしたときや地域の方の歓喜の声を耳にした時には、この仕事に非常に誇りを持つことができます。私たちの生活に必要不可欠なインフラ整備や建築物の地盤となる土地の造成等を行うことにより、より快適な社会の実現と人々の安全・安心に貢献しているという自負をもって日々臨んでいます。

主な施工実績

このページの先頭へ